こまこまぶろぐ

学ばないと自分の人生損しますよ

#203 【読書感想】これからの生き方。

これからの生き方。 自分はこのままでいいのか? 問い直すときに読む本

読書は最高にコスパがイイ自己投資。

どうもこまこまです。

これからの生き方。 自分はこのままでいいのか? 問い直すときに読む本

を読了したので記事を投稿します。

 

 自分の半生を振り返ると結婚して子宝に恵まれ、マイホームで安心して生活でき、満足できる職にも出会えた。

このままなんとなく退職してなんとなく死んでいくけど、、、。

人生は二度なし、一度しかない人生をいかに生きるかはすべて自分自身の判断に委ねられている。

本書では生き方を知恵、情愛、意思の三つのタイプに大別して語られている。

私は情愛を大切にしたいけど知恵を蓄積した意思の人かもしれません。

経験と知識が自己成長のブーストになって長い歳月を経て人格形成されていく。

私は独身時代の30年間をただひたすら自分の視点から自分を観察して生きていた。

結婚してからはパートナーから第三者的な視点から多くのダメだしを受けたことで成長の種を拾うことができた。

結婚という赤の他人と毎日同じ空間で生活していくことはどうしても苦難をともなう。

今まで生きてきた文脈が違うのでお互いが違う価値観を持っている。

多様な価値観を認め合いお互いを尊重できるような関係性を大切にしたいが、人間なのでなかなか難しいところもあり暗中模索のなか七転八倒してきた。

 

ぼちぼち子供たちも自立してしまうので自分自身の時間の使い方をじっくり考える時間も多くなった。

そもそも自分のやりたいことって何だろうか?

若かりし時には欧州一人旅に行って、何も目的もなくぶらぶらしたことは一枚も写真は残ってないけど自分の財産になってる(気がする)。

今年はソロキャンプに挑戦してみた。

満天の星空や試行錯誤のうえに焚き火した経験はかけがえのないものでした。

いずれにしても「モノ」に執着することなく経験した「コト」を大切にして生きていく。

加えて自分らしい何か人のためになる価値あることに人生の軸足をおきたい。

せっかくこの世に生きてきて培った知恵を誰か人のために役立てる、そんな生き方を歩みたい。

以上こまこまでした。

 

#202 心の余裕と好奇心と無駄への寛容

夏でも冬でも我が家では食卓に鍋。

どうもこまこまです。

 

サラリーマンの業務は効率性追求の美徳にしか注目されない。

とはいえ現代社会における便利さの追求は資本主義の源泉であり当然の原理原則。

そもそも無駄ともいえる遊びがないと便利さ向上のイノベーションが生み出されない。

だってその業務のやり方が最も効率的かどうかって誰が決めたの?

子供の頃、学校の帰り道にいつもとは違う道草をしてたら新しい発見があったりした?

たわわに実ったビワを食べてたら隣地でザクロを発見したり、用水路で手足がついた進化中のオタマジャクシを発見したり。

過剰なコンプライアンス、用水路はコンクリートで固められて、放課後には習い事ばかりの現代の子供達にはなかなか経験できない。

 

15年前私は土木の技術屋として役所内で働いていたところ税金徴収の部署へ異動を命じられた。

周囲の先輩からは土木技術とは関係ない無駄な異動と揶揄されたけど当の本人(私)はやる気満々。

 何故か?というと営業マンみたいに徴税した成果が数学で表れるんです。

役所内では珍しく明確な数字による成果主義的な仕事が私の性分に合っていた。

成績のランキングが毎月発表されるたびに順位が気になる。

順位にこだわる私は税金徴収のために滞納者の実家や職場に電話する。

さらに、不動産取得税や個人事業税の税目について勉強したり法人や不動産の登記簿を閲覧したりするので税金や会社の財務、会計に詳しくなった。

これが会社経営していた父が亡くなったときに役立った。

 

人生100年時代を迎えて50歳になってもまだ中間地点。

長い人生に無駄なことなんてひとつもない。

無駄なことかどうかの尺度はなくて、心の余裕と好奇心だったり何事も前向きに捉える寛容さが大切なことではないか。

 

以上こまこまでした。

#201 【読書感想】私とは何か

私とは何か 「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)

読書は最高にコスパがイイ自己投資。

どうもこまこまです。

 

私とは何か 「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)

を読了したので記事を投稿します。

 

私が大学生のとき身分はモラトリアムでお金はないけど自由な時間だけはたくさんあり、自分とは何か?と夜な夜な考え悩んでいました。

あの頃悩んでいた自分がどうにかこうにか30年近く社会の荒波を乗り越えてきました。

とくに結婚して自分の子供が誕生してからしばらくは心身ともに疲弊しながらもパートナーと協力して子供達と一緒に成長させてもらいました。

 

現代の日本は自由な権利が保障してあるのでいろいろ思考するのも自由です。

いろんな仕事があるなかで職業選択も自由だしいろんな人と知り合う中で結婚相手も自由に選択できます。

逆に自由な選択肢があるので人は悩みます。

ジャム理論が有名な話で人はジャムが5種類なら選択できるが20種類以上になると選択できなくなるそうです。

自ら学び続けて教養や思考力を研鑽し多様な選択肢から最適解を模索していきたいですね。

 

さて本書では人はそれ以上分けられない「個人」でなく対面する人によって複数の「分人」が存在すると提示しています。

私は、職場で仕事してる自分、家族の中でも妻のパートナーとしての自分、子供達からして父親としての自分が各々います。

また母親の前であれば母の子供としての自分もいるし、大学時代の友人と話すときはその友人と過ごした時間をベースとした自分がいます。

たしかに複数の「分人」をもつ自分についてポートフォリオを組み人生を歩んできました。

とくに子供を養育する時間へは惜しみなく投資することとし塾や部活動の送迎は最優先事項です。

子供の部活動では親同士のコミニケーションの場でもあり新たなコミニティーが自然発生します。

今の時代、会社や地域といったコミュティーへの帰属意識は希薄化しています。

 

アメリカでは国家元首自ら人種やイデオロギーの違いを煽り他者への不寛容さがコミニティーの分断を生み出しています。

一方で日本は労働人口の不足からほぼ移民政策に突入してる。

過熱する資本主義経済が生産性向上のため外国人労働者に依存するのは仕方がないことですが、ほぼ単一民族としての国家の成り立ちをもつ日本社会へ適応できるのか?

これからのコミニティー形成には分人主義的な寛容さが不可欠なことかもしれません。

以上こまこまでした。

 

 

#200 【読書感想】LIFESPAN(ライフスパン)

LIFESPAN(ライフスパン)―老いなき世界

読書は最高にコスパがイイ自己投資。

どうもこまこまです。

 

LIFESPAN(ライフスパン)―老いなき世界

を読了したので記事を投稿します。

 

著者は、ハーバード大学で遺伝学の教授を務める。なお、2013年のタイム誌で「世界に最も影響力のある100人」の一人に選ばれています。

人はみんないつか老いて死を迎えますが、著者は長寿や若返りに関わる遺伝子の研究から老化は「避けされる病気」と断言してます。

老化は病気と捉えていることに驚きますが、世界的に有名な研究者が提示していることに未来への希望を感じます。

 

長寿と若返りには適度なストレスある生活習慣と医学が究明した産物の享受と大きく二つのアプローチがあります。

長寿を促すとされているのが適度なストレスで運動すること、ときおり絶食すること、低たんぱく質の食事をすること、高温や低温にさらすこと。ちなみに今流行りのサウナで整うことは長寿にいいみたいです。

 

飽食の社会に生きる現代人は食べ過ぎています。特にデスクワーク中心のサラリーマンは狩猟採集民族の古代人と比べて明らかに動いていません。

そもそも一日三食と決めつけた生活も一万年近い人の歴史からするとデフォルトにするのはちょっとおかしい。

 

一方で「医学が究明した産物」の代表格として記述されているのがNMNです。

NMNはアンチエイジングの効果がありホリエモンこと堀江貴文さんが動画で紹介しているのでご存じの方も多いと思います。

サプリメントとしてアマゾンでも購入でき輸入品だと一粒105円くらいとお手頃値段で売っています。

NMN (3個セット) [並行輸入品]

 

ちなみに私は本書を読んで即行動すべく間欠断食をはじめました。

16時間以上の空腹時間が有効ということなので夜は20時までに食事を終了し、朝食は抜いて0時に昼飯。

何も食べないとさすがに仕事に支障があるので最近ロカボ食で注目されるナッツ類を少し食かじります。

始めて1週間程度ですがだんだん身体も慣れてきた感じで毎朝ご飯と味噌汁の生活からすると摂取カロリーが随分と違います。

 

さらに身体に負荷をかける運動としてジョギングを毎日の習慣に取り入れました。

三日坊主にならないためにも無理な設定をせずハードルを低くくすることが習慣化のコツなのでジョギングの時間は15分間。

朝から晩までなかなか走る時間の確保は難しいのですが、晩酌を断念して夕食後に走ることにしました。

ほとんど毎日晩酌していた自分には少しつらい生活習慣の改善ですが、老化防止というマインドセットでのぞみます。

 

人生は毎日の良き習慣のコツコツとした積み重ねです。

また、読書体験を価値あるものとするには、本に書いてあることを自分ゴトとして考え行動することです。

これからもたくさんのいい本と出会い読書して自分の思考をアップデートし充実した人生にしていきます。

 

以上こまこまでした。

 

#199 単身赴任からのソロキャンプが楽しい

ひとりの時間は人生にとって大切な時間です。

どうもこまこまです。

 

今年はコロナ禍で緊急事態宣言もありなかなか外出もできませんでした。

私は昔からひとりの時間が好きでした。

たまたま定期異動で家族と離れて単身赴任生活。平日ならばなんでも家族に気兼ねなく行動できるチャンス。

「なんかソロキャンプやってみよう!」と突然の決意。

思い立ったら即行動が座右の銘(?)の私はすぐに職場に近いキャンプ場を検索。

ある程度アマゾンで道具を揃えて初めての泊まりソロキャンプへレッツゴー。

ソロキャンプの様子はこちらから

↓↓↓


【孤独なキャンプ】in Aso/茶屋の原キャンプ場

 

ソロキャンプでやりたいことは三つ。

  1. 焚火
  2. まき割
  3. テントで宿泊

 

1.焚火

 焚火で必要なものといえば焚火台。

キャンプ場によっては直火での焚火が禁止されているので焚火台があった方が良いです。

私はYouTubeで焚火の動画を見て癒やされてました。

文明が発達する前の人間が火を使えるようになると料理したり暖をとったりしていたでしょう。自分の中に脈々と引き継がれてきた遺伝子の何かが覚醒する感じです。

ゆらゆらと揺れる炎の揺らぎを見ていると俗世のことは忘れてしまいそう。

 2.薪割

 焚火には燃料となる薪が必要となります。

杉やひのきといった針葉樹は柔らかくて割りやすくて燃えやすい。

くぬぎなど広葉樹は硬くて燃えにくいのですが火が長持ちします。

薪割には手斧か鉈(なた)が必要です。

私は見た目が気に入って手斧にしてみました。

初心者であれば慣れないと苦労しますが、何度もトライしてるとだんだんコツをつかんできます。

グローブがあればケガのリスクも回避できるのでセットで持ってた方が良いです。

ハスクバーナ 手斧600g ドイツ製 597627701
 

 キャンプといえばナイフです。

火を育てていくとき薪を細くする必要があります。また、薪を燃えやすく加工する時にも役立ちます。慣れるまでは結構苦労しますが種火から徐々に火を強くするには必要です。また自分でナイフを自由自在に操れるようになってくると単純にカッコいい!

やってみればできるじゃんとほんと自己肯定感が増します。

 ナイフは料理するんであれば別に必要です。

どうしても薪割に使うものは強度を優先するため刃が厚くなってます。

 こちらのオピネルのナイフは扱いやすくコスパも良くて折り畳めて携帯性も良くおススメです。

オピネル ステンレス#9 41439

オピネル ステンレス#9 41439

  • メディア: スポーツ用品
 

 

3.テントで宿泊

 真っ暗になって焚火とともに美味しいもの食べてお酒も飲んで眠くなったらテントの中へ。

私がテントを選ぶ基準は見た目のカッコよさと設営の容易さ。

いろんなテントがあるのでとても悩むのですが

ワンポール式で一人でも簡単に設営できる点が良いです。

ソロキャンプは誰にも気兼ねすることなく自由にやることが醍醐味。

自分だけのゆったりした時間を自然の中で味わうのは最高です。

以上こまこまでした。

#198 【読書感想】13歳からのアート思考

「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考

読書は最高にコスパがイイ自己投資。

どうもこまこまです。

 

「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考を読了したので記事を投稿します。

 最近よくいわれるのが「VUCAの時代」と「人生100年時代」。

今年(2020年)は、新型コロナウィリスの影響で世界的パンデミックでとんでもないことが起きた激動の年になりました。

世界中の人がマスクを着用し飛行機での移動はほぼなくなり日本各地の中国人観光客は霧消しました。

様々なルール変更やイベントの中止が相次ぎました。

地域のマラソン大会や花火大会、夏祭りは軒並み中止、息子の中学最後の中体連も中止、職場の歓送迎会や退職激励会も中止(こちらは嬉しい悲鳴)。

 

ニューノーマルやアフターコロナと言われる時代のなか自分の価値観の座標軸をアップデートすることが求められています。

本書では変化の激しい時代に対応できるような思考力を育むにはアートが必要と書かれています。

数学は答えがはっきりしていて論理的な思考力を鍛えるような学問。

一方で美術は答えがなく自分で生み出すことが必要でクリエイティブな思考力や答えを探求し続ける能力を鍛える学問。

何もないゼロからイチを作れることが価値を生むこと。

写実的で論理的な遠近法を交えて描かれた絵画には美しさの価値観が分かりやすいが、ピカソの抽象画のような非論理的な絵画の価値観は分かりづらい。

 

しかし、いまの時代には非論理的な思考力が求められています。

論理的な思考や既に存在するマーケット、データからのつながりから生み出したプロダクトにはイノベーションはない。

こちらから学ぶことができます。

 

求められているのは既成概念にとらわれず新しい価値を創造しイノベーションを巻き起こす能力ではないでしょうか。

例えば…

人吉市から鹿児島へつながる肥薩線というローカル鉄道に古びた駅舎があったのですが、リノベーションによりお洒落なフレンチレストランと高級宿に生まれ変わりました。

さらに…

株式会社アドレス(ADDress)は、全国の空き家をリノベーションし再生した家に月額4000円で宿泊できてワーケーションや多拠点生活といった新しいライフスタイルを提示している。

 

以上の事例は、全国に増え続ける空き家の活用やローカル駅舎を軸とした地域活性化といった社会的な問いに対して新しい価値観で課題解決に挑戦しているもの。

 

アートだけでなく哲学や歴史といったリベラルアーツを学ぶことが大切なことかなぁと日々考えてます。

以上こまこまでした。